読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Title (simple_gladiator'blog)

中くらいの幸せ探求ブログ。ミニマリスト的・シンプルに、ハッピーなお金持ちめざして模索中。

肉を食べるのをやめてみてみたら

f:id:simple_gladiator:20160408155016j:plain

 

こんにちは。

 

わたしは10年近く肉を食べていません。

 

それまでは、焼肉も普通に食べにいっていたし、

食事にも料理にも肉を食べたり使ったりすることに抵抗はありませんでした。

 

 やめた理由は

病気とかではないが、食べるとお腹をこわす(特に牛肉)、

便秘になる、口内炎ができるなどの症状があった。

また、

少し怪しい話ではあるが、ものには波動があって肉は動物を殺した時の

悪い波動が残っているそう。

影響を受けやすい人だと性格がきつくなるともききました。

肉に残留している薬のたぐいも心配。

 

そこで、肉を食べるのをやめてみたときのメリットとデメリットを

まとめてみました。

 

肉をやめたデメリット

1.料理のレパートリーが減った

肉を使わない料理はたくさんあるが、それまで何かあれば肉頼みであったレシピが使えなくなった。

また、世の中には肉をつかったレシピが多い!


2.外食で食べられるものが少ない

ちょっとしたスープやサラダにさえ肉が入っている。

洋食系のレストランで肉がはいっていないものは無いといってもいい。

 

3.ビタミンB群の摂取が減った

ビタミンB群は、肉にはいっぱいはいっている。

とくにビタミンB12コバラミン)は欠乏すると貧血・神経障害がおこる。

またB群は皮膚の形成や糖の代謝にも必要。

やる気にも関係するようで、足りないと消極的に。

サプリメントで代用の必要がある

 

4.たんぱく質の摂取が減った

体を作っている栄養素第1位。

各種アミノ酸の合成がないと体の細胞を作れない。

また肌を構成しているコラーゲンもこれがないと作られないので、

肌のはり、弾力も失われるようだ。(しわ・たるみ)

魚や鶏卵で代用するも足りていない模様。

これもサプリメントプロテインが必要かもしれない。

 

これらは一部かもしれないが、栄養素の線でいけば、

肉を食べると野菜もさらに食べなければならないということもあるだろう

 

 

肉をやめたメリット(良かったこと)

1.体臭がうすくなった

一番に感じるのがこれだった。

汗がにおわない。

服に汗染みができにくい。

夏に特に感じる。

 

2.自然と野菜の摂取が増えた

前述にもあるが、肉を使った料理は本当に多い。

これをやめるとなると、野菜や魚介・乾物・海藻・豆腐などの豆類を

駆使した料理になる。

 

3.腸がすっきりする

便秘が完全に解消するには他の要因もあるので一概にいえないが、

こころもち快腸に近づいた。

 

日本人の腸は平均8mあり、もともと肉食の欧米人は平均6mだそうだ。

つまり日本人は肉の消化に時間がかかる。

37度・38度の温度の腸に長く消化物が滞留することになる。

さっさと消化すればいいのだが、その温度では内容物は腐るであろう。

 

4.にきび・口内炎ができにくくなった

 

5.頭皮・肌からの皮脂の分泌が減った(肌の調子が良い)

 

最後に

肉を食べることをやめて、トータル的にはよかったと思います。

この記事は消して肉をやめることを勧めているわけではないですが、

あうあわないは個人個人ちがうわけだし、体質的なこともあるので

試したい人はやってみたらいいと思います。

半年くらいで効果はわかと思います。

 

気をつけることは、肉でとれる栄養素が不足するので他のもので補うこと。

家族・周りの方の理解が必要になってくるので、その際の説明をきちんと準備しておくこと。(飲み会で焼肉屋に誘われることは意外に多いです)

 

体調の変化を楽しんでみようと思います。

 

ミニマリスト(最小限主義者)とわたし

こんにちは。

 

今日は片づけについて書いてみようと思います。

 

複雑化した人生を整理するには、片付けと掃除が一番。

どういうわけかすっきりする。ほんとうにね。

 

片づけをやる気になる一つの提案として、ミニマリストの方々の部屋を

のぞいてみることをお勧めします。

 

 

f:id:simple_gladiator:20160329150105j:plain

 

 

さて。

数年前より、”ミニマリスト”という言葉がでてきました。

(ここ5年くらい?)

 

 

 

*1

 

もともとは、アートや建築からきている”ミニマリズム”から派生したようです。

 

最小限のデザインで美しく。

 

ミニマリスト

トランク一つに自分のものがすべて入ってしまう。という解釈が一般的かと思います。

 

わたしの捉えるミニマリストは若干ちがっていて、

 

自分に必要なものが最小限で、

 

彼らの住まいは、無駄とも思える空間があり、美しく見える。

 

ちょうど、日本画の余白といったところでしょうか。

 

 

 

 

 わたしはミニマリストになろうとは思わないが、

それを目指すことによって、よりシンプルな生活ができると思う。

 

現在ミニマリストを名乗っている人々は、

もしかしたら人生の定住地にまだたどりついていないのかな、

と思ってしまう方がほとんど。

 

ミニマリストのこだわるあまりに不便さを自分に強要しているのかな?

 

身の回りのものが多いと、集中力がとぎれたり、探し物が増えて時間を無駄にしたり。

いいことはないが、少なすぎてもお金や時間を無駄にする。

(例えば、クリーニング・コインランドリーに行く。などなど)

 

まさに自分にとっての最小限。このボーダーを見つけるといいのかもしれない。

 

色々な画像を見て、

お手本が見つかったらすぐ片づけにとりかかろう!

 

 

 

 

*1:ミニマリスト。自分の持ち物を最小限まで減らし生活している人。

幸せとはなに?って考えてる人へ

こんにちは。

 

ふと目に付いた質問がネットにあった。

 

 

幸せってなんだろう?

 

 

考えてる人がいるとしたら。

 

言ってあげたい。

 

 

そう考える余裕があることが幸せです。

 

 

 

不幸のどん底にいるひとは、もう答えがでています。

 

例えば、

食べるものがなかったら、おなかいっぱい食べられたら幸せ。

寒くて凍えそうだったら、あたたかいお布団で寝られたら幸せ。 

一人ぼっちだったら、家族や友達がそばにいたら幸せ。 

なのです。

 

幸せとは、状態をさすのではなく、その人の心の状態です。

 

幸せ探しをしてるなら、それは何か足りないものを探しているのと同じ。

 

それなら、いま、自分が持っているものに感謝して、

困っている誰かに、今持っている幸せを分けてあげてほしい。

 

それは、お金を寄付するだけではありません。

電車でお年寄りや妊婦さんに席を譲ってあげたり、 

探し物をしているひとを手伝ったり、

身近な家族が喜ぶことをしてあげるのもいいかもしれません。

 

 

それでも、自分に何か足りないと感じているのなら、

自ら変化を求めるのもいいです。

 

スポーツ・習い事・ボランティア。今ある仕事でより精をだすのも。

 

 

 時に

幸せを探すあまり、幸せな状態を自ら壊す人がいます。

そんな悲しいことだけはしないでほしい。

 

 

自然と自分が笑顔になる瞬間が増える。 これが幸せなんだと思う。

 

そんな人がどんどん増えますように。

 

また、わたしもそれを継続できますように。

 

複雑化した人生を変える

こんにちは。

 

シンプルライフについて、思うこと。

 

私がシンプルに生活しよう!と思い立ったのは、もう10年以上も前。

 

仕事・人間関係、周り全てが複雑化して、

心が疲れてきたのを感じつつ、無視してきました。

 

当時、実家暮らしだった私の部屋は物であふれかえっていて

もちろん、全部必要で(だと持っていて)、お気に入りもたくさんあって、

捨てようなんて考えもつきませんでした。

 

そして、身動きがとれない部屋が原因で、新しいことに挑戦できなかったり、

大切なことに集中できないなんて思いもよりませんでした。

 

当然、部屋で休んでも疲れはあまりとれませんでした。

 

 

そんなとき、ある1冊の本に出合った。

とても古い本で、

 

「人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる」

コリン・ターナー 著

 

2000年に刊行されたので、いまでは中古本か、図書館でしかお目にかかれない本です。

内容としては、単なる片づけ指南ではなく、潜在能力研究者である著者が

私たちの自己実現のヒントになることが書かれてます。

 

心の掃除には、身の回りの物を減らすこと(体のお肉も含めて)

そのころの私にとっては実行するのが厳しいことが満載。

 

それから10数年。

 

片づけはつづいてます。

 

だが、生活は格段にシンプル化し、よくなりました。

 

その過程についてはおいおいブログに書いていこうと思います。

 

 

 

ブログ開設おめでとう

はじめまして、かりんです。

 

見ること、聞くこと、体験談、などなどを書いていきたいです。

 

ある意味変人ですが、よろしくお願いします。